ウサギとカウンセリング

【ウサギと学ぶ】カール・ロジャーズのパーソナリティ理論・命題11

この記事では、カール・ロジャーズのパーソナリティ理論に出てくる命題11についての説明に挑戦しています。

命題11のポイントは、経験は、素直に言語化され、率直に自分の一部として感じられるもの、自分に関係ないから無視されるもの、そして、自分の脅威になるから拒否または、歪められた形になるものがある、ということです。

カール・ロジャーズのパーソナリティ理論をなんとかわかりやすく説明できないかと考え、できるだけ簡単な言葉で説明しようとして作成した全15話にわたる小説タッチの記事です。

カウンセリング、カール・ロジャーズ、パーソナリティ理論、来談者中心療法、人間理解に興味のある方は読んでみてください。

第10話はこちら

【ウサギと学ぶ】カール・ロジャーズのパーソナリティ理論・命題9、10 この記事では、カール・ロジャーズのパーソナリティ理論に出てくる命題9、10についての説明に挑戦しています。 命題9のポイン...

まとめはこちら

【ウサギと学ぶ】カール・ロジャーズのパーソナリティ理論19の命題 まとめ カール・ロジャーズのパーソナリティ理論に出てくる19の命題についての説明に挑戦してみました。 ここには、全19の命題と、そ...

第11話 学習7日目~命題11~

 

クー
クー
自分は、時々不思議な夢を見るんです。

 

先生
先生
…ふむ。

 

クーは、自分の手には少し大きい、魚の絵の描いてある湯飲みで温かいお茶をすすりながら、ポツポツと話し出す。

 

クー
クー
わたしは夢の中の森で、人間の女の子と一緒にいるんです。

 

先生
先生
うむ。うむ。

 

クー
クー
その女の子は白い服を着ていて、髪が長くて…。そして人間なのに森の中に裸足でいるから足は傷だらけで…

 

先生
先生
ふむ。人間なのに、森の中で裸足でね。

 

クー
クー
はい…。そうなんです…。それでその女の子…。いつも泣いているんです。

 

先生
先生
いつも泣いている…。

 

クー
クー
はい。なんか声をかけてあげたいと思うんですけど、夢の中のわたしは言葉を話せなくて…。

 

先生
先生
その夢の中では、クーは言葉を話せないんだね。

 

クー
クー
はい。それでわたしは、なぜかいつもニンジンを持っていて、それをその女の子に渡そうとするんですけど…。

 

先生
先生
ふむふむ。

 

クー
クー
女の子は泣きながら、ごめん、わたし食べられないの…って。

 

先生
先生
泣きながら、ごめん、私食べられないの…って。

 

クー
クー
それで、この女の子はニンジンが嫌いなのかな、とか、それとも人間の中にはご飯を食べなくても大丈夫な人がいるのかなぁとか考えているうちに目が覚めるんです。

 

先生
先生
ふむ。考えているうちに目が覚めるんだね。

 

クー
クー
はい…。

 

先生
先生
…。

 

クー
クー
あの、先生…。

 

先生
先生
うむ…。

 

クー
クー
なんで今日こんなにのんびりなんですか?

 

先生
先生
うん?

 

クー
クー
いつもは、わたしが椅子に座ったら、すぐに学習が始まるのに。今日は、朝からお茶をいただいたりしちゃって…。つい、夢の話なんかをしちゃいましたよ。

 

先生
先生
ふふ、実はね…。

 

クー
クー
はい。

 

先生
先生
この本の後半の命題は、人間の心理的不適応のメカニズムにふれていくところが多くてね。

 

クー
クー
しんりてきふてきおう…。

 

先生
先生
うん。具体的な例をあげながら学習していくのもなかなか難しいなぁと思ってね。ちょっと億劫になっちゃってね。

 

クー
クー
ちょっと億劫になっちゃったんですね。

 

先生
先生
ふふ。そうなの。

 

老ウサギは静かに笑う。

 

先生
先生
しかし、もしかしたら、クーの夢の中に出てくる、その白い服の女の子が学習を助けてくれるかもしれないね。

 

クー
クー
え?

 

先生
先生
さて、じゃあ頑張って命題11にチャレンジしよう。

 

クー
クー
はい、頑張ります!

 

命題11

いろいろの経験が個人の生活において生起すると、それらの経験は、

(a)なんらかの自己との関係へ象徴化され、知覚され、体制化されるか、

(b)自己構造との関係が全然知覚されないので無視されるか

(c)その経験が自己構造と矛盾するので、象徴化を拒否されるか、もしくは歪曲された象徴化を与えられるかのいずれかである。

(命題はロージァズ全集8巻パーソナリティ理論、第2部、第4章より引用)

 

先生
先生
さて、読み替えていくよ。

 

人間の様々な経験は、

a素直に言葉になり、率直に自分の一部として感じられるか、

b自分と直接関係ないから、見えたり、聞こえたり、感じたりされず、無視される。

cまた、その経験が、それまで積み重なってきた自分という感覚にとって、ひどく都合が悪かったり、自分という感覚そのものを脅かすものだったりすると、 その経験は、自分の一部として認められないか、歪んだ形で表明される。

 

先生
先生
aは簡単だね。

 

a素直に言葉になり、率直に自分の一部として感じられる経験。

 

先生
先生
お腹が空いた。眠い。散歩は心地よい。など、経験が素直に言葉になり、率直に自分のものとして感じられるということ。

 

クー
クー
はい。

 

先生
先生
bは結構面白いところなんだ。

 

b自分と直接関係ないから、見えたり、聞こえたり、感じたりされず、無視される経験。

 

クー
クー
面白いところ…ですか?

 

先生
先生
例えばね、今、耳を澄ましてごらん?

 

クー
クー
…。

 

クーは、長い耳をピクピクとさせている。

 

先生
先生
何が聞こえる?

 

クー
クー
特に何も…。

 

先生
先生
特に何も…?

 

クー
クー
…。

 

先生
先生
…。

 

クー
クー
強いて言えば、部屋の奥からポットのお湯がコポコポいっているのが聞こえます。

 

先生
先生
うん。ポットの音が聞こえたね。

 

クー
クー
はい。コポコポいっています。

 

先生
先生
そのポットの音は耳を澄ますまで聞こえてなかった?

 

クー
クー
…はい、聞こえてませんでした。

 

先生
先生
でも、耳を澄ましたら聞こえたね。

 

クー
クー
…はい。あれ?

 

先生