カウンセリング

【カウンセリング】正しいオウム返しの影響

今回の記事も、私のオウム返しについての経験的理解を書いていきたいと思います。

どちらかというと、カウンセリング学習体験者向けの内容になっていることを、ご容赦ください。

普段私は、オウム返しという表現は使いませんが、このオウム返しと称されるコミュニケーションは、人間本来の在り方に迫っていくようなポテンシャルを秘めています。

カウンセリング学習体験がない人にとっても、もし日常のコミュニケーションに違和感や、強い不満足感を持っている人にとっては面白く感じられる記事かもしれませんので、そういう方も是非読んでみてください。

カウンセリングの学び【オウム返し】相手の言葉を繰り返すということ 今回の記事はある程度、来談者中心療法のカウンセリングを体験的に学んだ人、中級、上級者向けの内容を含む記事です。 体験的な学...

正しいオウム返しーそもそも何故言葉を繰り返すのか?

なぜ、カウンセラーは相手の言葉を繰り返すような対応をするのでしょうか?

その人を今ここ、そのままに聞くということ

それは、相手の語った言葉のすがたを、そのままのすがたで聞き、そのままのすがたで声にし、相手に届けるということは、理屈抜きに、相手に聞いてもらえたという実感を与えることを体験的に知っているからです。

人間の自我というものは、はっきりとした形や色を持っているものではなく、目に見えない不確かなものです。

なかなか、経験したことがないとピンとこないと思いますが、自分の声にした言葉のすがたが、他者の声によって同じすがたで聞こえることの喜びは、自分自身の存在をそのままに認めてもらえたと感じるほどの大きさなのです。

良い、悪いという評価に脅かされることもなく、ただ、私の言葉のすがたが、他者の声によって聞こえるとき、私は、「今のありのままの私」という感覚を感じ、またそれを相手に撫でてもらっているような感覚になり、安心できるのです。

これは、自分にとってユニークでパーソナルな部分を語ったときこそ、大きく感じられます。

たとえば、この感覚は、自分で録音した声を自分で聞いても得られるものではありません。

今ここにいる、ありのままの自分にふれ、撫でてもらえるような感覚は、今ここで、他者によって、自分の言葉のすがたをそのままに聞かせてもらってこそ感じられるのです。

次の言葉に運ばれやすい

そして、これも理屈では説明しにくい現象なのですが、相手から自分の語ったままの言葉のすがたが聞こえてくると、次の言葉に運ばれていきやすいのです。

言葉がどんどん生まれ、自分の意志を超えて転がっていく感じになります。

オウム返しは、その人の言葉のすがたのみで行われるコミュニケーションです。

しかし、他人の邪魔が入らないから語りやすい…、という感覚だけでは説明ができないような、次々と新しい言葉に運ばれていくような感じがあるのです。

あの感覚は不思議としか言いようがありません。

この現象は、なかなか自分の言葉を語ることが得意でない人とのやりとりで顕著です。

私は、じっくり、ゆっくりと、相手がこぼす言葉を丁寧にたどり、届けることで、普段はほとんど語ることができなかった人が、弱々しくとも、語り続けていくことができた場面を何度も見ています。

一方、聞こえた言葉のすがたの届け方次第では、その人が今は語りたくなかったというところまで語ってしまうことや、どんどんと話が伸びて収集がつかなくなってしまうこともあります。

オウム返し的対応をするときは、じっくり相手の語りを聞ける条件が整っているときにしたほうが良いでしょう。

正しいオウム返しーカウンセラーは相手のどんな言葉を繰り返すのか?

あらためまして、カウンセリング学習の肝は、体験学習です。

頭でわかるということと、身に付き、実践できるということは別です。

カウンセリングの実力を高めるには、とにかく頭で考えることよりも、やってみることの繰り返しが必要です。

カウンセリングの学習は、自分を語るというところから始まり、次第に「聞かせていただいた相手の言葉のすがたを相手に届ける」という所作に集約されていきます。

クロダ
クロダ
相手の語った言葉のすがた、そのままに聞きたい。
感情探偵
感情探偵
だけど、どうしても、そのままに聞けない・・・。

カウンセリング学習者は、皆このように苦しんでいくものです。

相手の語る言葉のすがたをそのまま聞かせていただき、それを届けさせていただきたい。

しかし、現実的に聞かせていただいたすべての言葉のすがたを相手に届けることはできません。

だとすれば、相手に聞かせていただいた言葉のすがたの中から、私が適切な言葉を選んで届けなければならないのでしょうか?

相手に聞かせてもらった言葉の中から、繰り返す言葉(私の声にして届ける言葉)をどう選べばよいのか?

感覚的に言いますと、私が相手に聞かせてもらった言葉の中から、相手に届ける言葉を私が選ぶ、という感じではありません。

相手に聞かせてもらった言葉のすがたは、私のところではどんどん消えていってしまいます。

残念ですが、相手の言葉のすがたとしてしっかり私に残るのは、相手に聞かせてもらった言葉のすがたの一部です。

その残った言葉のすがたを正直に相手に伝えていくという感じですね。

そして、今の私のところでいいますと、事柄を説明しているような言葉のすがたよりも、相手の感情を感じるような言葉のすがた強く一致性や、不一致を感じるような言葉のすがた、そして、身体の感覚を感じるような言葉のすがた私に、響き、残りやすいようです。

それは、言葉のすがたのままに生々しさが伝わってくる言葉。

そして、逆に言葉のすがたと伝わってくる生々しさに強いギャップが感じられる言葉などです。

それらの言葉のすがたは、覚えようとする必要もなく、はっきりとしたすがたで私のところに残ります。

また、その辺りの言葉が私に聞こえたときに、私は反応し、その言葉のすがたをそのままに、積極的に私の声にして相手に届けたいという動きになっているようです。

ちなみに、相手の何らかの事柄を説明しているような言葉のすがたに、私が反応しているときもありますが、そのときは、相手の話の内容に夢中になってしまって、相手の今のここの感情や、身体の動きからフォーカスが外れてしまいがちであるようです。

そういうときの私は、相手にとって支援的であるというよりも、ただ楽しく、もしくは、真剣に、おしゃべりをしているという感覚に近いのかもしれません。

正しいオウム返しー独り語りを支える

オウム返しは、相手の独り語りを支えるための取り組みとも言えます。

相手に聞かせていただいた言葉をそのまま声にして、届けるという行為は、相手の独り語りを支える行為です。

相手がより深く、より鮮やかに相手のところを語っていけるようにと、支えるための具体的な所作です。

だから、誰かに何らかの答えを教えてもらいたがっている、または、誰かに自分の望む評価をしてもらうことで落ち着きたがっている、そのような人の欲求をすぐに満たすものではありません

その人の独り語りを支えるということは、その人がより、その人になっていく道を支えるということです。

そして、その人は、その道の途中で、自分なりの答えや、自分なりの評価に出会っていき、わかったり、落ち着いたりしていくことができるのです。

それは、正しいオウム返しという支えなしには、なかなかたどり着けない、現代社会ではとても歩きにくい道になってしまっていると私は思うのです。

無条件の肯定的関心を支える哲学―いのちのすがたを受け止める 今回の記事はカール・ロジャーズの提唱した、来談者中心療法において、機能するカウンセラーの3つの態度条件である、自己一致、無条件の...

正しいオウム返しー終わりに

いかがだったでしょうか。

カウンセリングの神様、カール・ロジャーズは、カウンセリングには技術だけではなく、カウンセラーの態度、哲学がとても重要であると、繰り返し述べています。

私自身も、軽はずみにカウンセリングを技術的に取り上げて語るたびに、先生に冷たい視線をおくられたものです。

カウンセリングの技術は、繰り返しやってみて、失敗して、感じて、体感していかなければ身につかず、上達することはありません。

それはカウンセリングが頭だけで行うものだからではなく、身体全体で行うものだからです。

カウンセリングの技術を情報として伝えるということは、頭だけのカウンセリングをするカウンセラーをたくさん生んでしまうかもしれないという危険をもっています。

ここにあえて「オウム返し」という言葉で表した取り組みは、私の人生、生命、エネルギーが目一杯詰まった何かしら、の一部です。

この文章を読んで、面白いと思えた人が、知識レベルではなく、体感レベルのカウンセリング学習に少しでも興味をもってくれることを願っています。

 

カウンセラー 黒田明彦

 

カウンセリングを受けた方が良い人の17の特徴 今回の記事は、カウンセリングを受けた方が良い人はどんな特徴を持った人なのかということを書いていこうと思います。 カウンセリ...
提供できるサービスの概要カウンセリングサービス 各種カウンセリングサービスです。対面カウンセリングは池袋ルームと朝霞ルームの2カ所があります。朝霞ルームの方は...
問い合わせ・申し込みフォームこちらのフォームにて、サービス利用の希望をご記入ください。 https://kanjoutantei.com/%E3%82%AB%E3...