カウンセリング

【カール・ロジャーズ】来談者中心療法の中核3条件ってなに?

今回の記事はカウンセリングの神様、カール・ロジャーズが提唱した来談者中心療法における、カウンセリングの中核3条件について、逆エンパス黒田明彦の体験的な理解を書いていきたいと思います。

非常に有名なロジャーズの来談者中心療法の3条件ですが、実践レベルではこの3条件はどのように活かされているのでしょうか。

私の18年以上にわたるカウンセリング学習と、逆エンパス的感性を交えて書いていきたいと思います。

興味のある方は読んでみてください。

 

好きなものだけを見て気分を変えよう

本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください

 

会員制オンラインエンカウンターグループ「花」 「聞かせてください、あなたの言葉を。」 人に合わせ、嫌われないように。 憤りを抑...

カール・ロジャーズの来談者中心療法の3条件って?

カール・ロジャーズは、来談者中心療法において、クライエントのパーソナリティが変化するために必要にして十分なカウンセラーの3条件というものを提唱しました。

①カウンセラーの一致性(純粋性)

②無条件の肯定的関心

③感情移入的理解

この3つが来談者中心療法の中核3条件です。

これから1つずつ簡単に説明していきます。

カール・ロジャーズの来談者中心療法の3条件①カウンセラーの一致性

来談者中心療法の3条件の1つ、カウンセラーの自己一致は、カウンセラーがクライエントの前で自分を偽らず、真実であるということです。

カウンセラーのこの態度は、クライエントにそのまま投影され、クライエントがそれまで意識の上では拒否していた自分自身の体験を、自分の一部として認められるようになることを助けます。

来談者中心療法カウンセラーの一致性の図

このカウンセラーの一致性は、カール・ロジャーズの言う来談者中心療法のカウンセリングの3つの中核条件の中で一番大事なものとされています。

つまり、これから紹介する、残り2つの態度条件が、カウンセラーにとって偽りではなく、真実でなくてはならないということが前提であるということです。

【カール・ロジャーズ】来談者中心療法の自己一致とは? 今回の記事はカール・ロジャーズの提唱した、来談者中心療法において、カウンセラーの3つの態度条件である、自己一致、無条件の肯定的関...

カール・ロジャーズの来談者中心療法の3条件②無条件の肯定的関心

無条件の肯定的関心は、来談者中心療法のカウンセラーの哲学的側面が強く出る態度です。

  • カウンセラーはクライエントをひとりの人間として尊敬している。
  • クライエントは自分で自分の責任を果たしたがっていて、その責任を誰かに明け渡す気などない人間であると理解している。
  • そしてカウンセラーはクライエントをひとりの人間として好きである。

等々、カール・ロジャーズは、この無条件の肯定的関心をいろいろな言葉で表現しています。

来談者中心療法の無条件の肯定的関心の図

そしてその態度は上述の通り、来談者中心療法のカウンセラーにとって偽りのない真実でなくてはならないということです。

来談者中心療法の無条件の肯定的関心って? 今回の記事は無条件の肯定的関心について書いていきたいと思います。 無条件の肯定的関心は、カール・ロジャーズの提唱した、来談...

カール・ロジャーズの来談者中心療法の3条件③感情移入的理解

感情移入的理解は、来談者中心療法のカウンセリングの技術的側面、そしてカウンセラーの感性の影響が大きい態度です。

来談者中心療法の感情移入的理解は、クライエントの認識の外から理解、評価、指導をするのではなく、クライエントの認識を理解し、あくまでその認識の範囲内でクライエントとやりとりをしていくという関わりです。

カウンセラーが、クライエントの認識の外でクライエントをとらえるという場合は、カウンセラーから見た、カウンセラーにとって感じられるクライエント、つまり、カウンセラー目線のクライエントを中心にして関わるということです。

カウンセラーがクライエントの認識の範囲内でクライエントをとらえるという場合は、クライエントに見えているクライエント自身、クライエントの意識できているクライエント自身を理解しようとすることです。

それはつまり、クライエント目線のクライエントを中心にして関わるということです。

来談者中心療法の感情移入的理解の図

このあたりはクライエント中心、来談者中心療法の根幹にかかわる部分です。

クライエントの認識の範囲内で関わっていくということは、クライエントにとってはこの上なく安全、安心な関わりとなります。

そして、そのためにも来談者中心療法のカウンセラーはクライエントの言葉や態度からクライエントの認識の世界をしっかりと、とらえなくてはなりません。

それにはカウンセラー側の技術や感性が必要だと言うことです。

感情移入的理解ー来談者中心療法の技術【カール・ロジャーズ】 今回の記事はカール・ロジャーズの提唱した、来談者中心療法におけるカウンセラーの大事な態度である、感情移入的理解について書いていき...

 

好きなものだけを見て気分を変えよう

本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください

 

カール・ロジャーズの来談者中心療法の技術とは?

来談者中心療法の技術とは、この3つの態度条件を正確にクライエントに伝えるための技術であると言われています。

カウンセラーが一生懸命これらの態度を保持していたとしても、それがクライエント側に伝わっていなければ意味がないということですね。

カール・ロジャーズの来談者中心療法の3条件 おわりに

いかがだったでしょうか。

これがカール・ロジャーズの提唱した来談者中心療法に必要な態度の3条件について簡単に紹介しました。

頭で理解しただけでは、来談者中心療法の技術は、自己一致のもとに実践できません。

これらの理解が来談者中心療法のカウンセラーにとって体験的に真実であることが大事なのです。

私は、来談者中心療法のカウンセラーがこれらの態度を純粋に身につけるには、これらの条件をある程度満たすカウンセラーに実際に聞いてもらう体験がどうしても必要だと考えています。

体験的に、それが効果的で、合理的で、そして人間が本当に欲するものであると実感できてこそ、苦しい訓練の末に、その態度を身につけていくことができるのだと思うのです。

本当に奥深く、興味深い技法ですよね。

月の逆エンパス、黒田明彦でした。

私のエネルギー、もらってね。