カウンセリング

エンカウンターグループってどういう場?

エンカウンターグループについて事前の説明を求められることがたまにあるのですが、結構そういう時は困ります。

というのも、基本的にエンカウンターグループというものは、頭でわかる学習ではなく、体験から学ぶものだからです。

私としては、エンカウンターグループを説明するということ自体が、少しその本質から遠ざかる感じがあるのですが、この情報化社会において、事前情報がないということは、信用できないもの、とされがちだという認識は私にもあります。

というわけで、今回の記事は、エンカウンターグループに興味を持ってくれるかた、参加してくれるかたが増えるようにと、私のエンカウンターグループの場の印象を書いてみます。

できるだけ感覚的に書きますので、頭でわかろうとせず、心で感じてみてください。

 

2019年9月29日(日)13時より池袋にて黒田主宰のエンカウンターグループがあります。興味のある方は是非参加してみてください。連絡お待ちしております!

母親との関係克服~母と他人になるカウンセリング~母親との関係克服~母と他人になるカウンセリング~ 母との関係が苦しい。 母が嫌い。 母のせいで私の人生は滅茶苦茶に...

【エンカウンターグループ】自由の場

エンカウンターグループは、時間設定と場所以外は何も設定されていない自由な場。

よくある学習会のように、主催者側に用意されている答えに向かって、参加者が導かれていくようなことはない。

これをやっていい、これをやってはいけないという許可も説明もない。

参加者は、ただ、ポンッと置いておかれる感じ。

それに自由を感じるか、それとも不親切を感じるか、ここがひとつの分かれめ。

私達は、誰かにやってもらうこと、連れて行ってもらうこと、教えてもらうこと、説明してもらうこと、わからせてもらうことが当たり前になり、自ら学んで良いというその自由を喜べなくなってしまっている。

エンカウンターグループは、そんな私達の日常から離れることができる場である。

【エンカウンターグループ】意思の場

誰も私をある一定の方向へは連れて行ってくれない。

何の方向性も、強制も与えられないとき、私の行動には意思が必要になる。

そのグループの中で、私はなにかをはじめなくてはならないのだろうか?

それも自由。始めなくてもいい。ただ静かに何かが起こるのを待っていてもいい。

ありがたいことに、ある一定の人数が集まって、みんなが顔を合わせながら、まったく何も始まらないということは、ほとんどない。

沈黙は感情を波打たせる。

沈黙は普段は閉まっている私の心のドアを静かにノックする。

決められたやり方がわからないのに、自分の意志で私は、口を開いていく。

説明もなく、やり方も教わらず、ただ、自分のままに、動きはじめる。

動機になるエネルギーはなんでもいい。

不安であっても、苛立ちであっても、興味であっても。

皆の中で、誰かに動かされずに動くこと。

これが日常的な体験ではないということが実感できる。

グループの中で口を開く最初のひとりが私であるかどうかは、さしたる問題ではない。

【エンカウンターグループ】語る場

グループの参加者がそれぞれ○○について話す。

そういうやり取りが始まることもある。

それは非常に日常的なやりとりだ。

できるだけ共通の話題を探し、その場を成立させようと誰かが動き、皆がそれに合わせる。

場にあわせ、皆にあわせ、音頭を取る人にあわせ、その場の表面的な連帯感は高まる。

皆が○○について話しだしたことで普段と同じような場が生まれ、安堵感が生まれる。

しかし、その日常的安堵感に退屈を感じるものが現われる。

この場により深みを求め、その方向に歩きだすものが現れる。

次第に、参加者は、よりパーソナルなことを語るようになる。

自分について、悩み、疑問、感情、人間関係について。

語る人が現われ、その場はどんどん深まっていく。

【エンカウンターグループ】聞く場

語る人が現れ、パーソナルなやり取りになればなるほど、場には聞き手が必要になる。

パーソナルな話ほど、皆は混ざりあうことができなくなるからだ。

パーソナルな話ほど、語り手と聞き手が分かれざるを得ない。

語り手が語り続け、深みに到達するには、どうしても意志を持った聞き手が必要である。

それは、語り手が深みに到達することを助けるという意思である。

語り手が生まれ、意思を持った聞き手が現れると、場の空気は加速度的に深まっていく。

意思を持った聞き手の存在によって、場の空気は普段は到達できない深みへと転がっていく。

【エンカウンターグループ】出会いの場

皆の前で深く深く語る。

意思のある聞き手の助けを得て、語り手の語りは、さらに深くなっていく。

一人では到達できない深み。

思考だけでは潜っていけない深みがある。

その深みでしか出会えない自分というのがいる。

その深みでしか出会えない感情というのがある。

意思のある聞き手の力を借りなければ、グループの力を借りなければ、味わえない、出会いというのがある。

その出会いこそエンカウンターである。

【エンカウンターグループ】触発の場

グループの誰かが、深く深く語り、感情に出会うと、他の人もその深みに引っ張られていく。

エンカウンターグループの強烈な作用がこの触発力である。

他の人の感情に引っ張られて、自分が心の奥底にしまい込んでいた感情がせりあがってくる。

気が付けば声を出してしまっている。

気が付けば語らずにはいられなくなってしまっている。

普段は、忘れていられる、置いておける感情が、体感が、波打ち、表に出てこようと暴れだす。

抑えようがない。

私の身体が、私を私にしようと動き出す。

当の昔に諦めたもの。

なかったことにしようとしていたもの。

それらが鮮やかに蘇る。

私は生き返る。

そして、びっくりするほど、スッキリし、落ち着いていける。

【エンカウンターグループ】私の場

それは、私の場。

私のための場。

私が私になることを許され、そして、それを強制されることもない場。

自分の意志で動き、自分の自由に過ごすことが許される場。

何もできなかったとき、それを悔しいと思える場。

何にも出会えなかった時に、それを残念に思える場。

無難に過ごすための場じゃない。

ただ、ただ、与えられることを待つ場じゃない。

チャレンジし、何かを得ようとする場だ。

ただ、私のために。

ただ、私のために。

【エンカウンターグループ】あなたの場

それは、あなたの場。

あなたのための場でもある。

私は強制にならないように気を付けながらも、あなたがあなたになることを願っている。

この場が、あなたの意志で動き、あなたの自由に過ごせる場になるように願っている。

この場が、あなたにとって何かができる場であることを願っている。

この場で、あなたが何かに出会えることを願っている。

あなたが沈黙に、他者の感情に触発され、無難とは程遠い体験ができることを願っている。

待つことができないほどのエネルギーに動かされることを願っている。

様々なブレーキでは抑えきれないほどの、衝動に突き動かされ、何かに出会ってしまうことを願っている。

あなたのために。

そして、私のために。

【エンカウンターグループの場】おわりに

いかがだったでしょうか。

私にとってのエンカウンターグループの場を感覚的に書いてみました。

なんというか、私にとってエンカウンターグループは、純粋な場だったんですよね。

嘘がいらないのに、誰も傷つかない場。

そんな不思議な場でした。

なぜ、そんな場がありえるのか?

それは、人が、混ざりあわないからなんです。

しっかり、一人一人が別の人として存在できている場だからです。

一人一人が別の人として存在できる場というのは、一人一人を徹底的に個別に聞いてくれる人がいる場とも言えます。

私にとって、先生はまさに、そんな存在でした。

私は、いつか先生のようになりたいと思っています。

 

多感な凡人 黒田明彦

 

 

なんだか、他人に真似されることが多い…。

なにもしていないのに避けられたり、攻撃されたり…。

目立つ、偉そうと言われたり、変な期待をされたり…。

他人を自分の思い通りにしたい…、他人と融合したいというよくわからないけど激しい欲求があって、他人との関係が上手くいかない…。

不可解で、理不尽な現象を目の当たりにして、生きづらさを感じてきたあなたは、もしかしたら逆エンパス体質なのかもしれません。

日本で一番逆エンパスについて文章を書いている私が、逆エンパスの小さな本を書きました。

 

【黒田明彦の著作一覧はこちら】
https://www.amazon.co.jp/s?i=digital-

AmazonKindleアプリにて
『読み放題』で読めます!

 

電子書籍の読み方はこちらの記事に詳しく紹介されています。
https://www.tabishirube.com/howtoread.html

 

 

 

純粋カウンセリングのサービス内容純粋カウンセリングとは? 純粋カウンセリングとは、カウンセラー黒田明彦が18年以上、カウンセリング学習を続けていく中で身につけたカウン...
逆エンパス記事の案内所 多感な凡人、黒田明彦の逆エンパス関係の記事の数が増えてきましたので、このページで整理して紹介します。この記事を見れば、逆エンパス...
カウンセリング学習記事の案内所 お陰様で、黒田明彦のカウンセリング学習記事も増えてきましたので、どんな記事があるかを一度に見れるようにまとめた記事を作成いたしま...

Line@では、カウンセリングの神様、カール・ロジャーズの言葉の検討を行ったり、ブログ更新のお知らせをしたり、新しいサービスのお知らせをします!無料カウンセリングのお知らせも定期的に行います!興味のある方はクリック!

友だち追加