カウンセリング

カウンセリングを受けた方が良い人の17の特徴

今回の記事は、カウンセリングを受けた方が良い人はどんな特徴を持った人なのかということを書いていこうと思います。

カウンセリングを受けた方が良い人の特徴を紹介するということは、是非こんな人にカウンセリングサービスを利用して欲しいという願いでもあります。

この記事によって、カウンセリングを受けるべき人の一般的な理解が少しでも広がればいいなと思っています。

母親との関係克服~母と他人になるカウンセリング~母親との関係克服~母と他人になるカウンセリング~ 母との関係が苦しい。 母が嫌い。 母のせいで私の人生は滅茶苦茶に...
カウンセリング学習記事の案内所 お陰様で、黒田明彦のカウンセリング学習記事も増えてきましたので、どんな記事があるかを一度に見れるようにまとめた記事を作成いたしま...

Contents

カウンセリングを受けた方が良い人ー心の治療をされたくない人

自分は病気だとは思いたくない。できれば自分でなんとかしたい。だけど誰かの何らかの助けが必要な気がする。

この辺りの感覚はとても大事です。

自分を病気だと思いたくない人、誰かに自分の心の治療をされたくないと思っている人は、カウンセリングとの相性はバッチリです。

カウンセリングは、カウンセラーがクライエントの心を治療するような行為ではありません

自分の面倒を見るのはあくまで自分自身です。カウンセリングはその責任をあなたから奪うものではありません

ちなみにもし、自分は心の病気であると確かな自覚があり、心の治療をされることを望む人は、精神科を受診しましょう

統合失調症の急性期など、病識がなくても速やかに精神科を受診すべきケースはありますので、ご注意ください。

相談とカウンセリングの違いの体験的理解 今回は、カウンセリングの学習を続けながら、精神保健福祉の業界で支援員やサービス管理業務をやっていた私の体験から、カウンセリングと...

カウンセリングを受けた方が良い人ー心の底から変わりたい人

今の自分が許せない。自分を変えたい、変わりたい。

自己否定を超え、すでに自己改善エネルギーに包まれている人は、カウンセリングとの相性がバッチリです。

もしかしたら、ほんの少しのアプローチで劇的な変化が待っているかもしれません。

しかし実際は、この心の底から変わりたいという気持ちに到達するまでがなかなか大変であるという現実があります。

カウンセリングを受けた方が良い人ー自分らしさを手に入れたい人

なんだか今の私は苦しい。自分らしくない気がする。本当の自分を探したい。本来の自分を取り戻したい。

そのような欲求を持っている人はカウンセリングとの相性はバッチリです。

カウンセリングは、過去の体験の深い振り返りから始まって、今ここの自分に出会っていく長い旅のようなものです。

自分らしさを手に入れるということは、今の自分にぴったり合った言葉に包まれるということです。

ちなみに、クリエイターなど自己表現能力が必要な職業の人ともカウンセリングは相性が良いです。

カウンセリングを受けた方が良い人ー自分に自信が欲しい人

自分に自信がないという訴えはよく耳にします。私自身も以前は自分に自信が持てませんでした。

カウンセリングは、自分を語り、自分にぴったりあう言葉を探す中での変化のプロセスです。人間は語れば語るほど、自分にぴったりの言葉に出会っていくことができます

自分にぴったりの言葉に出会うと、自分への不安や、迷いが少なくなります。単純に自分にホッとできるようになるのです。

人生において、迷いや不安が完全になくなることはありませんが、迷うたび、不安になるたび、自分を落ち着かせる言葉に出会うことも、またできる、ということを体験的に学んでいけます。

カウンセリングを受けた方が良い人ー自分の感性を疑っている人

自分はおかしいんじゃないだろうか?この感覚は自分だけのものだろうか?

自分という感覚は他者との比較で生まれるものですが、そこに大きな食い違いを感じると不安になるものです。

また、その違いに強い不自由を感じたり、他者に批判されたりすると、生きていくのが苦しくなっていきます。

カウンセリングは自分の感性との安全な出会いのプロセスでもあります。

日常では、自分対他者の関係の中でしか、自分の感覚を確かめることはできませんが、カウンセリングでは、自分対自分の関係の中で安全に自分の感覚を確かめることができます

これは、なかなか他ではできない体験です。

月の逆エンパス黒田明彦のおすすめ記事 月の逆エンパス、黒田明彦の逆エンパス関係の記事の数が増えてきましたので、このページでおすすめ記事を紹介していきます。 この...

カウンセリングを受けた方が良い人ー何か心に不具合を抱えている人

何か自分の心に不具合を感じている。よくはわからないが苦しい。何かおかしい気はしているが、はっきりしない。

ほんの少しでも今の自分の身体や心の状況を整理、理解したいという人とカウンセリングの相性はバッチリです。

カウンセリングは、自分という感覚を鋭くし、自分の身体や心に起こっていることをゆっくりと理解していくための機会でもあります。

世の中には自分の抱える不具合を上手く説明できないままに病院に行き、まったく自分の状況に合わない薬を出されて、それを飲み続けてしまうというケースも結構あります。

カウンセリングを受けた方が良い人ー辛い気持ち、悲しい気持ちを抱えている人

今、とても辛い気持ち、悲しい気持ちを抱えている。

今、とても辛い出来事、悲しい出来事があり、心がざわつき、感情が落ち着かない人とカウンセリングの相性はバッチリです。

急激な感情の高ぶりを落ち着かせるのは、その感情表出に巻き込まれていない相手の受容的な態度です。カウンセラーはその態度を身につけています。

カウンセリングの技術には、感情の高ぶりをおさめる作用があるのですが、カウンセリングサービス自体は、予約制のところが多く、残念ですが急性的な対応ができないところが多いです。

カウンセリングを受けた方が良い人ー真実を求めている人

世の中の多くに虚偽を感じ、信用できるものがほとんどない。そんな生きづらさを抱えている。

カウンセリングは、自分自身の純粋性との出会いの場でもあります。

自分の感性の純度が高ければ、世の不純が見えてしまうのも自然なことです。

自分の感性の純度に向き合う場をもち、それに落ち着けるようになれば、世の不純にどう対応していくかということを前向きに考えられるようになります。

カウンセラーとのやり取りを通し、自信をもって、世の中を自分の感性を中心にしてとらえることができるようになることで生きやすさを獲得することができます。

カウンセリングを受けた方が良い人ー身近な誰かを救いたい人

自分の身近な誰かを救いたい人もカウンセリングとの相性はバッチリです。

誰かを救うためには、まずは自分が元気にならなくてはなりません。

カウンセリングは、人を元気にします

そして、カウンセリング体験を通して、どういうときに人間は元気になるかということを学ぶことも出来ます。

本当に人が元気になるときはどういうときかを学ぶと、本当の意味で人を救うということがどういうことかということを自分なりに検討していくことができるようになるのです。

簡易傾聴法ー苦しむ人のそばにいるための傾聴 身近な人が、大きな苦しみに出会っているとき、そばにいるだけでも、とても苦しい気持ちになり、居ても立っても居られなくなってしまいま...

カウンセリングを受けた方が良い人ー人に優しくありたい人

人に優しくありたい人もカウンセリングとの相性はバッチリです。この世界において人に優しくすることの難しさを実感できている人。そういう人こそ本当に優しい人だと私は思います。

カウンセリングは、偽りのない優しさに出会っていくプロセスでもあります。実はそれは簡単な道ではないかもしれません。カウンセラーと一緒に本当の優しさを探していきましょう。

カウンセリングを受けた方が良い人ー敏感で繊細な人

敏感で繊細な人は、カウンセリングとの相性はバッチリです。カウンセリングによって、より自分の感性の独自性を覚醒させ、この世界を豊かに生き抜く術を編み出していきましょう。

【レジリエンス】傷つきやすさを克服するための18のしなやかな思考 感受性の強さや、抑圧している体験によって物事に対する反応の強さは決まりますが、それによってどれほど傷つくかということは、心のしな...

カウンセリングを受けた方が良い人ー家族との関係で辛い思いをしている人

家族との関係で辛い思いをしている人とカウンセリングの相性はバッチリです。

変えることのできない境遇も、自分自身が変わっていけば感じ方が変わります。

自分という感覚が強まり、自信が持て、軸がしっかりしだしたら、家族を助けることも、自分を助けることも、自分の感覚を頼って決断していくことができるようになります

機能不全家族から抜け出す心の体験的理解【無力を知り、準備する】 今回の記事は機能不全家族の中における弱い立場の人たちに向けてメッセージをおくろうと思います。 家族の保護下にいるうちの人間...

カウンセリングを受けた方が良い人ー孤独な人

孤独な人もカウンセリングとの相性はバッチリです。孤独感は豊かに生きていくためには克服すべき感覚です。自分を語り、自分の独自性に目覚め、それを他者に受け止めてもらうことで孤独感は和らぎます。

【敏感な人のための】孤独感の克服の体験的理解【HSP、エンパス、逆エンパス】 感受性の強い人、HSP、エンパス、逆エンパスなど、繊細で特殊な体質を持っている人は、他者との関係でストレスを感じやすく、疲れやす...

カウンセリングを受けた方が良い人ー強くなりたい人

強くなりたい人もカウンセリングとの相性はバッチリです。自己理解が深まると、自分が欲する強さ、自分と相性の良い強さというものが見えてきます。必要なのは、他の誰かと同じような強さではなく、あなたにとっての強さなのです。

繊細な人が精神的に強くなる体験的理解【レジリエンス】 今回の記事は繊細な人が精神的に強くなる方法を考えてみました。感受性が強く、繊細で傷つきやすかった私は、精神的に強くなることに憧れ...

カウンセリングを受けた方が良い人ー現実社会に違和感を感じている人

現代社会に違和感を感じている人もカウンセリングとの相性はバッチリです。

自分の違和感を遠慮なく表現でき、受容される場所で、より自分の感覚に敏感になっていきましょう。自分がはっきり見え、社会がはっきり見えたら、あとは適応の方法を学んでいくだけです。

カウンセリングを受けた方が良い人ー生きている実感が薄い人

実感を変えるということ。これはとても時間のかかることです。しかし、じっくり取り組むことさえできれば、カウンセリングによって、実感はより自然で、身体にそったものに変えていくことはできます。

実感を変えるには考え方を変えるというレベルのやりとりでは難しいです。

身体で感じ、身体でわかる。反応のレベルで変わっていく必要があります。

大事なのは、自分にわいてきた言葉をしっかりと声にすること。そしてそれを安全な場所で味わいつくすことです。

クロダ
クロダ
実感は、より自分の身体にそうものに変えていくことができます。
生きている実感がわかない人へ、苦しみが教えてくれる6つの体験的理解 今回の記事は生きている実感がわかないという人のために、生きるということはどういうことか。そして、どうすれば生きている実感がわくか...

カウンセリングを受けた方が良い人ー自分の感情がわかりにくくなっている人

人間生きていれば、自分一人では抱えきれないような感情体験に遭遇することはあります。そういうとき、人間の防衛機制は、感情を意識の外に追いやってくれます。

意識の外に追いやられた感情は、なくなってくれるわけではなく、静かにもう一度あなたと出会うことを待っています。

一人では抱えきれなかった感情と再び出会うお手伝い。それはカウンセリングが得意とするところです。

カウンセリングを受けた方が良い人ー終わりに

いかがだったでしょうか。カウンセリングを受けた方が良い人ということで、こんな人にカウンセリングサービスを利用して欲しいという願いを書いてみました。

私は、カウンセリングとは治療的なものではなく、学校や会社では教えてもらえない、人間学習、自分学習の場であると、多くの人にとらえてほしいのです。

カウンセリングの主役は、カウンセラーではなく、クライエントの感覚、そしてクライエントの言葉です。カウンセリングは、そこを中心とした学びあいの場であると考えています。

本来学びとは楽しいものです。

カウンセリングという場は、自分というものが明らかになっていく、そして頼りがいのある、安心なものになっていくための学習のプロセスです。

そんな学習の楽しさを是非味わってみてください。

 

カウンセラー 黒田明彦

 

【黒田明彦の著作一覧はこちら】日本で最初の逆エンパス本あります。
https://www.amazon.co.jp/s?i=digital-

AmazonKindleアプリにて
『読み放題』で読めます!

 

電子書籍の読み方はこちらの記事に詳しく紹介されています。
https://www.tabishirube.com/howtoread.html

 

 

【学習者になろう!】 聞かせていただく人になる道学習者とは? 新しい自分に出会っていきたい。 自分の人生の責任を他人に明け渡したくない。 純粋な他者と出会い、触発...
問い合わせ・質問フォーム不明な点、不安な点、質問がある場合は、こちらから遠慮なくお問い合わせください。 問い合わせ、質問お待ちしています。 カウンセ...

Line@では、ブログ更新のお知らせをしたり、新しい学習のお知らせをします!無料カウンセリングのお知らせも定期的に行います!興味のある方はクリック!

友だち追加