感受性が強い・繊細

感性を磨く具体的な方法は?短期間で感性を磨く方法も紹介

感性を磨く方法

こんにちは。月の逆エンパス黒田明彦です。

感性についての記事の4つめ、今回はいよいよ感性を磨く具体的な方法について書いていきます。

また、短期間で感性を磨く合理的な方法も併せて紹介しますね。

私はこれまでの記事で、感性とは、刺激に対する反応(エネルギー)を具現化する力であると定義して書いてきました。

この感性を磨く具体的な方法があるのでしょうか?

ポイントは、一度具現化された反応(エネルギー)は、次はもっと容易に具現化できるということです。

今回もできるだけわかりやすいようにと、図をたくさん書きました。

興味のある方は読んでみてください。

感性を磨く方法って?まずは感性の特徴を把握

感性が磨かれ、感性が鋭くなると、見えるもの、聞こえるものが増えてきます。

それはつまり、感性が磨かれ、鋭くなってくると、認識できるもの、具現化できるものが増え、世界が賑やかになるということです。

言語的感性が磨かれれば、言葉の語る言葉が聞こえるようになります。

身体的感性が磨かれれば、目に見えないものが見え耳に聞こえないものが聞こえるように感じられるようになります。

芸術的感性が磨かれれば、言語、身体の枠を超え、人知を超えた感動を生むような創造ができます。

感性が合う人・合わない人ってどういう人?男女の感性の違いや感性の種類についても 巷では、「あの人とは感性が合う」、「あの人とは感性が合わない」という表明を良く見聞きしますが、実際その表明は的を得ているのだろう...

ふれたものの感性が磨かれる

感性は、刺激に対する反応(エネルギー)を具現化する力です。

たとえば、自然にふれれば、自然からの刺激を受け、それを具現化する力が発揮されます。

自然と感性図

同じように、動物にふれれば、動物からの刺激を具現化する力が発揮されます。

動物と感性図

自然や動物への感性が磨かれれば、まるで花の声や、動物の声が聞こえてくるかのように、刺激を具現化できるようになるでしょう。

感性が磨かれるときというのは、身体のリハビリと一緒

凝り固まった筋肉を最初に伸ばすときは、抵抗が強く、非常に痛いし怖いですが、次に伸ばすときは、以前伸ばした部分までは、楽に伸ばすことができますよね。

感性を磨くリハビリ図

リハビリの時の筋肉のように、感性も最初は抵抗がありますが、少しずつ磨かれ、具現化されるものも少しずつ洗練されていきます。

感性のリハビリ図

また、磨くのを怠ると、感性は少しずつ錆びついてしまいますが、ある一定のところまで磨かれた感性は、たとえ少し錆びてしまったとしても、初めて磨く時よりも、抵抗少なく磨き直すことができます。

感性はより深い方へと引っ張られる

これは、感性の特性の一つですが、感性は、より深い感性にふれるとき、わりと抵抗なく深い方へと引っ張られていきます。

人間の感性は、深みに向かって敏感に反応するのです。

感性に引っ張られる図

人間は、刺激への反応(エネルギー)の深い具現化本質的に求めているのかもしれませんね。

感性が鋭い人と鈍い人の違い、感性が鈍いと何か問題あるの? 感性が鋭い人、感性が鈍い人。 そんな比較が言葉にされていることって、日常ポツポツとありますよね。 あれって、どんな人...

感性の具体的な磨き方【初級編】

以上の感性の基本的な傾向、特徴を踏まえた上で、まずは、感性の具体的な磨き方の初級編を紹介します。

感性を具体的に磨く初歩的な方法は、磨きたい感性に応じた、刺激にふれる回数を意識的に増やすことです。

自然への感性を高めたければ、自分からたくさん自然にふれればいい。

動物への感性を高めたければ、自分からたくさん動物と一緒にふれ合えばいい。

その他にも、音楽や芸術を体感する機会を自分から増やしたり、多くの言葉に出会う機会を自分で増やすことができれば、それぞれの感性は相応に磨かれていきます。

非常にシンプルな理屈ですね。

感性の具体的な磨き方【上級編】

実は感性の磨き方にはコツがあります。

繰り返しますが、感性とは、刺激に対する反応(エネルギー)を具現化する力です。

そして、多くの刺激を受け、具現化する機会が多ければ多いほど、その力は磨かれていきます。

さて、ここでポイントになるのが感受性です。

感受性とは、そもそもの刺激に対する反応の大きさです。

感性とは何か?【図解】その意味と感受性との違い 「感性とは何か?その意味と感受性との違い」ということで、今回は感性という言葉について、図を用いながら、いろいろと考えてみました。...

したがって、感受性が強ければ、刺激に対する反応(エネルギー)は逐一大きくなり、感性が磨かれる機会が圧倒的に増えます

しかし、この感受性は、生まれつき備わった能力、素質みたいなものであり、大きく個人差があります。

感性の磨き方上級編①感受性を一時的に高める

実はこの感受性を一時的に高める方法があります。

それは、旅行に行く、緊張する場所に行く、初めての場所に行く、エンカウンターグループなどのグループワークに参加することです。

 

感受性を高める図

これらの場所は、感情など、さまざまな反応(エネルギー)を触発されることが多い場所です。

このように、普段とは違う感情など、さまざまな反応(エネルギー)の触発を受けやすい場所に身を置くことができると、一時的に感受性を高めることができます。

そして、一時的に高まった感受性により、普段は具現化できない刺激への反応(エネルギー)をキャッチしやすくなり、具現化できてしまうことがあるのです。

感受性が高まるとき図

そして、一度つかめた感覚は、次は抵抗なく具現化できるようになり、触発のない、平常の状態でも具現化できるようになります。

感受性を高めて感性を磨く
  1. 一時的に感受性を高める
  2. 平常時、具現化できない反応(エネルギー)まで具現化できる
  3. 一度具現化すると具現化のハードルが下がる
  4. 平常時も具現化できるようになる

これの繰り返しで感性を効率よく磨くことができます。

感性の磨き方上級編②感性を一時的に高める

感受性を一時的に高める方法だけではなく、感性を一時的に高める方法もあります。

それが、感性が深く鋭い人が実際に具現化したものにふれることで、感性の深みへと一時的に引っ張ってもらうという方法です。

実際に深く鋭い感性によって生まれた芸術作品を見聞きしたり、感性の鋭い人と深い交流をすることができれば、一時的に感性を深く鋭くすることができるのです。

感性を一時的に高める図

そして、一時的に引っ張られるように深く鋭くなった感性により、普段は具現化できない刺激への反応(エネルギー)を、具現化できてしまえば、それ以降も自分の感性だけで、その刺激への反応(エネルギー)を具現化できるようになるのです。

感受性と感性を同時に高めることができれば・・・

感受性が一時的に高まる方法と、感性が一時的に深く鋭くなる方法が組み合わされば、一気に自分の感性が磨かれ、深みに到達することもあります。

簡単に言えば、感受性が高まる環境で、感性が深く鋭い人と一緒に活動できれば、短期間で感性はピカピカに磨かれるということですね。

短期間で感性を磨く方法

上記の短期間で感性を磨く方法の1つの例として、エンカウンターグループにおける、感性が磨かれる仕組みについて簡単に紹介します。

エンカウンターグループって何?エンカウンターグループの特徴と効果 エンカウンターグループという言葉をご存知でしょうか。 それは、感受性訓練ともいわれる、集団心理療法の1つです。 日本...

まず前提として、本式(3泊4日スケールなど)のエンカウンターグループは感受性が高まりやすい構造に意識して作られています。

エンカウンターグループは、非指示、円座、長時間に渡るワーク、集中しやすい環境、疲れによって抑えが効かなくなる、などの様々な要素によって、感情などの反応(エネルギー)の触発が連鎖的に起こりやすいのです。

感性を磨くエンカウンター図

機能しているエンカウンターグループでは、感情の触発の連鎖による、感受性の爆発が頻繁に起こります。

そして、それだけではないのです。

機能しているエンカウンターグループには、爆発する感受性をことごとく具現化(言語化)できる深く鋭い感性の存在(多くの場合世話人と呼ばれる先生)があります。

感性を磨くエンカウンターの世話人図

触発による感受性の爆発、そしてそれを丁寧に、ことごとく具現化できる深く鋭い感性を持つ人による、強烈な反応(エネルギー)の具現化支援

この2つの要素が揃っているエンカウンターグループほど、短期間で感性が磨ける環境はないでしょう。

感性を磨くことを邪魔する呪い

感性を磨くうえで最もブレーキとなるものが、それまで生きてくる中で身についた、固定的な価値観や常識です。

固定的な価値観や常識は、固定的な反応を生みます。

たとえば、それまでの経験の中から、強いおそれによって固定化してしまっている反応があるとすると、感性が発揮される出番がなく、感性が磨かれることもありません。

感性の呪い図

固定的な価値観や常識が生む、固定的な反応は、もはや、呪いとも言えるものです。

私を含め、おそらく現代人のほとんどの人が、この呪いを受けています

この呪いを解くことに、特効薬はないかもしれません。

しかし、現状一番の薬となるのが、受容や肯定の類のアプローチでしょう。

そして、受容や肯定という薬を使いながら、効率的に感性が育つ環境に身を置き自らの感性の目覚めによって、この呪いを解き放っていくというのが、一番の近道なのかもしれません。

感性の磨き方、短期間で感性を磨く方法まとめ

感性とは自分のありのままの感覚と出会う力とも言えます。

自分にしかおとずれない言葉との出会い

自分にしかおとずれないイメージとの出会い

自分にしかおとずれない旋律との出会い

それらが、あなたをあなたにしてくれる。

感性とは、つまり、他にはいない、宇宙でたった独りのあなたになっていく力。

 

そして、磨かれた感性の行きつく先は?

私は結局のところ、それは人助けなんだと思うんです。

感性は、感性が育てる。

感性がある程度の深みに到達した人のミッションは、他者の感性を育てることです。

そうやって、世界中の感性が鋭く、深くなっていったら、多分もう少し世界は平和になります。

感性が鋭い人は、自分を大事にできる。

そして自分を大事にできる人は、他人も大事にできるからです。

 

さあ、あなたの感性、ピカピカに磨いてみませんか。

月の逆エンパス 黒田明彦

 

もしあなたが逆エンパスなのだとしたら、ピッカピカに感性を磨く必要があります!

月の逆エンパス黒田明彦のおすすめ記事 月の逆エンパス、黒田明彦の逆エンパス関係の記事の数が増えてきましたので、このページでおすすめ記事を紹介していきます。 この...

 

 

僕のエネルギーもらってね

AmazonKindleアプリにて
『読み放題』で読めます!

電子書籍の読み方はこちらの記事に詳しく紹介されています。
https://www.tabishirube.com/howtoread.html