カウンセリング

感情移入的理解を支える哲学―相手の世界は絶対に理解できない

今回の記事はカール・ロジャーズの提唱した、来談者中心療法において、機能するカウンセラーの3つの態度条件である、自己一致、無条件の肯定的関心、感情移入的理解の中から、感情移入的理解についての哲学を書いていきたいと思います。

私は、感情移入的理解が、3条件の中で一番カウンセラーの個性がでるところだろうと思っています。

それは、単純に感情移入はカウンセラーの感性で行われるからです。

だからこそ、カウンセラーがどんな哲学に支えられて、クライエントに感情移入をしているかということが重要になるのです。

興味のある方は読んでみてください。

母親との関係克服~母と他人になるカウンセリング~母親との関係克服~母と他人になるカウンセリング~ 母との関係が苦しい。 母が嫌い。 母のせいで私の人生は滅茶苦茶に...
【カール・ロジャーズ】カウンセリングの3条件の体験的理解 今回の記事はカウンセリングの神様、カール・ロジャーズが提唱した来談者中心療法における、カウンセリングの中核3条件についての私の体...
カウンセリングの学び【オウム返し】相手の言葉を繰り返すということ 今回の記事はある程度、来談者中心療法のカウンセリングを体験的に学んだ人、中級、上級者向けの内容を含む記事です。 体験的な学...

感情移入的理解を支える哲学ー感情移入的理解とは?

感情移入的理解とは、カール・ロジャーズの提唱した来談者中心療法における、カウンセラーに必要な3つの態度条件の一つです。

それは、クライエントの感情や体験をあたかも自分のことかのように感じて理解することであると言えます。

クライエントはカウンセラーの感情移入的理解により、安心と喜びを感じ、より自分らしく、変化していくことへの活力を得るのです。

そしてそれまで、さまざまな脅威により、一人ではなかなかたどり着けなかったありのままの自分自身という感覚に、より肉迫していくことができるようになります。

また高度に感情移入しているカウンセラーの言葉は、安全かつ効果的にクライエントの自己理解を進めることもあるのです。

感情移入的理解を支える哲学ーたった独りの人間

感情移入的理解を支える哲学は、「たった独りの人間」という人間観です。

人間は、本当の意味では他人を理解することはできませんし、他人に理解されることもありません。

それは、私は決して相手になることはできないし、相手も決して私になることはできないからです。

私は私の感じ方以外の感じ方をこれまで一度もできたことはありません。

私にとってどんなに身近な相手であっても、私は相手の感じ方を直接体験したことは一度もありませんし、どんな相手であっても、私の感じ方を直接体験できる人は一人もいないのです。

だから私は、私という感覚を本当の意味で他の誰かと共有できたことは一度もないのです。

人間は人それぞれまったく別の世界を生きています。

そのそれぞれの世界で相手という対象を生み出し、七転八倒しているのです。

私が認識している相手は、あくまで私という感覚が作り出している相手です。

私は、どう頑張っても私という感覚から抜け出すことはできません。

私が、相手になることはできないということは、私の世界と相手の世界が本当の意味で交わるということは決してないということなのです。

これは厳かな事実なのです。

相手にはなれない

本当の意味では相手の世界は理解も、共有もできない。

それを腹にすえた上で、少しでも相手の世界に、にじり寄ることできないだろうかという構え。

これこそが純粋な感情移入的理解の態度なのです。

感情移入的理解を支える哲学ー相手を理解できないという哲学が重要な理由

相手の言葉を聞いていて、感情移入しすぎると、つらくなって話を聞いていられなくなってしまう・・・。そんな経験はないでしょうか?

なんてつらそうなんだ。なんてかわいそうなんだ。

もうつらくてつらくて、聞いていられない!

これは、相手の感情的な言葉や態度に触発されて、自分の感情がわいてきてしまって、実際につらくなってしまっているときの状態です。

こういうときは、自分の過去の経験や記憶がフラッシュバックしていまっていることも多いようです。

感情移入についての体験的理解【感情移入しすぎる人へ】 今回の記事は、感情移入についての体験的理解を書いてみました。 私自身、感受性の強さ、自分の感情移入が起こりやすい性分に苦し...

しかし、相手の言葉を聞いて、私がどんなにつらく感じても、どんなに苦しく感じても、それは相手のつらさ、苦しさではない、というところにしっかりと座ることができると、自分自身が感情的になることなしに、落ち着いてその相手の感情を聞き続けることができます。

相手の言葉に触発され、自分の感情が暴れるのを抑えた上で、どんな相手の感情も静かに理解しようとすることができ、

今私は、あなたの言葉のすがたから、つらさや、痛み、苦しみを感じます。

このような応答を落ち着いて続けられるようになるのです。

感情移入的理解を支える哲学ー感情移入的理解の肝

相手を理解することはできない、と腹をすえることができると、相手の言葉のすがたを聞いて、どんなにつらさを感じても、どんなに痛みを感じても、どんなに苦しさを感じても、それは自分の感覚であり、相手の感覚ではないと厳しく自覚できるようになります

すべては相手の言葉を聞いて感じた、自分の感覚である。これは相手のところではない。

感情移入的理解は、この「あたかも相手の感覚を感じているようであるが、あくまで自分の感覚である」、というところがはっきりしていればいるほど、カウンセラーにとって自由に、安全にできるようになり、またクライエントにとっても効果的で安全になるようです。

感情移入的理解を支える哲学ー人間は刻一刻と変化していくもの

人間は刻一刻と変化していくものです。

昨日と言っていることが違うどころか、1秒前とは言っていることが違う。

それが人間の自然なすがたなのです。

相手に本当の意味で感情移入しようとするとき、相手は1秒ごとに変わり続けているのだということが体感的に理解できていると、また落ち着いて相手の前に座ることができます。

「悲しい」と、言葉になった次の瞬間には、クライエントはもう次のところに移り変わっているかもしれません。

だからカウンセラーは、カウンセラーの世界の悲しみに注目している暇なんてないのです。

感情移入的理解を支える哲学ー感情移入的理解の正体

人間は本当の意味では理解し合うことはできない。

しかし、他人に自分のことをわかってもらえた、共感してもらえたという感じをうけたことは私にもあります。

それはどんなときでしょうか?

私の語ったところが否定されず、「そうだね」「わかるよ」という、同意の言葉が聞こえたとき、私はホッとして、安心します。

これは、相手が私の世界を理解しているかどうかということにはあまり関係がありません。

ただ、自分の語ったところ、感覚が肯定された感じがしただけで、充分に嬉しくなることもあるのです。

しかし、よりパーソナルで、ユニークで、感情的、自分でも自分の感覚を受け入れることをこわがっているときなどは、より深い交流が必要になります。

全く別の世界に生きている二人が、同じ言葉のすがたを介して共鳴し合う

相手の感覚はわからなくても、同じ言葉のすがたから感じ、分け合うことはできる。

同じ言葉のすがたでそれぞれの感覚を分け合える。

これが、より深い交流における、わかってもらえたという感覚であり、感情移入的理解の正体です。

相手は私と同じ感覚を味わってくれているのではありません。

相手は私と同じ言葉のすがたを味わってくれているのです。

経験や体験、感覚は分け合えなくても、それが宿っている言葉のすがたは分け合えるのです。

感情移入的理解とは、どこからか相手に届けられ、相手が声にした言葉のすがたをそのままに受け止め、その言葉の語る純粋な言葉を聞かせていただくということである。

感情移入的理解を支える哲学ーおわりに

いかがだったでしょうか。

今回はカール・ロジャーズの来談者中心療法における、カウンセラーの3条件の中から、感情移入的理解を支える哲学について書いてみました。

私はカウンセリング学習を始める以前から、もし自分がありのままに感情的で、ユニークで、おかしなことを話しても、相手がその感情エネルギーに巻き込まれずに、ただ聞いてくれたら、どんなに救われるだろうかと思っていたものでした。

自分の言葉が相手の感情を触発してしまい、相手が感情的になってしまうと、もうこちらは話を続けることができなくなってしまいます。

相手を嫌な気持ちにさせてしまったと感じ、自分のところを正直に話していくことは良くないことなんだ、となってしまうことすらありました。

しかし、世の中には、存在していたんです。

こちらがどれだけ感情的な話をしても、それに巻き込まれずに、聞き続けてくれる人が。

そしてさらに、私の語ったそのままの言葉のすがたから、私の感情を感じ取って、ただ理解しようとしてくれる人が。

私にとってそれは衝撃的でした。

そして、その人の人生観の根底にあったもの、その人の生命を支えている背骨に、太く太く突き刺さっていた哲学こそが、「たった独りの人間」という人間理解だったのです。

もし、今、あなたが、相手の感情に巻き込まれてしまうことにとても悩まされ、生きづらさを感じているのであれば、「私は相手のことを絶対に理解できないし、相手も私のことを絶対に理解できない」という感覚を肌に馴染ませてみてください。

孤独よりも強い安心感が、あなたを包んでくれるかもしれませんよ。

 

カウンセラー 黒田明彦

 

【黒田明彦の著作一覧はこちら】日本で最初の逆エンパス本あります。
https://www.amazon.co.jp/s?i=digital-

AmazonKindleアプリにて
『読み放題』で読めます!

 

 

 

カウンセリング学習記事の案内所 お陰様で、黒田明彦のカウンセリング学習記事も増えてきましたので、どんな記事があるかを一度に見れるようにまとめた記事を作成いたしま...
カウンセリングを受けた方が良い人の17の特徴 今回の記事は、カウンセリングを受けた方が良い人はどんな特徴を持った人なのかということを書いていこうと思います。 カウンセリ...
【カウンセリングの手引き】来談者中心療法の概要 このページでは黒田明彦の学習してきたカウンセリング、来談者中心療法についての体験的理解を細かに説明しています。 htt...
問い合わせ・質問フォーム不明な点、不安な点、質問がある場合は、こちらから遠慮なくお問い合わせください。 問い合わせ、質問お待ちしています。 カウンセ...

Line@では、カウンセリングの神様、カール・ロジャーズの言葉の検討を行ったり、ブログ更新のお知らせをしたり、新しいサービスのお知らせをします!無料カウンセリングのお知らせも定期的に行います!興味のある方はクリック!

友だち追加