カウンセリング

無条件の肯定的関心を支える哲学―いのちのすがたを受け止める

今回の記事はカール・ロジャーズの提唱した、来談者中心療法において、機能するカウンセラーの3つの態度条件である、自己一致、無条件の肯定的関心、感情移入的理解の中から、無条件の肯定的関心についての哲学を書いていきたいと思います。

私は、無条件の肯定的関心が、3条件の中で一番厄介だと思っています。

人間は、どんな人間を前にしても、純真に、嘘無く、無条件に肯定的な関心をもちうるのか?

そして、どんな哲学なら、そのカウンセラーの無条件の肯定的関心を純粋に支えうるのか?

興味のある方は読んでみてください。

母親との関係克服~母と他人になるカウンセリング~母親との関係克服~母と他人になるカウンセリング~ 母との関係が苦しい。 母が嫌い。 母のせいで私の人生は滅茶苦茶に...
【カール・ロジャーズ】カウンセリングの3条件の体験的理解 今回の記事はカウンセリングの神様、カール・ロジャーズが提唱した来談者中心療法における、カウンセリングの中核3条件についての私の体...
カウンセリングの学び【オウム返し】相手の言葉を繰り返すということ 今回の記事はある程度、来談者中心療法のカウンセリングを体験的に学んだ人、中級、上級者向けの内容を含む記事です。 体験的な学...

無条件の肯定的関心を支える哲学ー無条件の肯定的関心とは?

相手を無条件に肯定する、それは、相手に対し、評価的な態度をとらないということです。

クライエントの語った内容について、これは、受容できる、これは受容できないというように、カウンセラーの価値観でクライエントの発言を評価せず、どれもクライエントの大事な言葉として受け止めるということです。

無条件の肯定的関心を支える哲学ー独自性が許されるという体験

私が、カウンセリングの学習で経験的に学んできたことは、言葉はいのちである、ということです。

言葉はいのちに言葉する。いのちは言葉にいのちする。

学習の場で、そんな言葉も先生方に聞かせてもらいました。

相手の言葉のすがたは、相手のいのちが宿った、相手のいのちそのものである。

これは、頭だけで理解しようとしても無理があります。

しかし、私はこの感覚が経験的に、とてもよく理解できるのです。

私は、カウンセリングの学習を始めた当初、先生が私の語った言葉のすがたを無条件に受け止めてくれたと感じたときに、とてつもなく嬉しくなり、救われたという感じがしました。

私が語ったところ、それは私の世界のところである。

そうやって、そのまま、ありのままに受け止めてもらえた感じがしたのです。

「そうなんだね。それが、あなたの言葉、それがあなたの世界、それがあなたの感覚なんだね。」

私が語ったところを、私の言葉、私の世界、私の感覚として、先生は、そのまま受け止めてくれていると、私に感じられたのです。

これがまず驚きの体験でした。

それまでの私は、常に自分の感覚は、他の人との感覚と、どう違うかというところでしか、感じられませんでした。

相手の感覚との対比でしか自分の感覚を確かめようがなかったんですね。

相手と私の感覚が違っていれば、どちらかが間違っている、どちらかがおかしいのだと考えるのが自然だったし、人と違う感覚は、そもそも否定されがちでした。

私の周りの皆さんは、自分の感覚を守りたい一心で、自分と違うものを尊重することが難しかったのかもしれませんね。

だから、「私」という独自の感覚というのは、なかなか肯定的には、自然に育っていかなかった。許してもらえなかったんです。

誰かと同じ感覚のときだけ私の感覚は許され、誰か違う感覚の時は咎められるのが当たり前の感じでした。

ちなみに、そんな感覚をもってしまうような私を取り巻く環境は、運悪く、たまたま精神的に良くない環境に当たってしまったというわけではなく、わりと標準的だったと自覚しています。

つまり、今の世の中(特に日本は、でしょうか?)、独自性を当たり前のように尊重するような流れは弱いのだと思います。

人と違わないことのほうが安全で、人と違うことは危険であり、良くないことである

そんな価値観が根付いているのが一般的なようなのです。

カウンセリング学習の先生との出会い

しかし、私がカウンセリングの学習でであった先生は違いました。学校の先生や、両親、その他の立派な大人たちの中で、その先生だけは違ったんです。

カウンセリングの先生は、私が独自的であればあるほど、喜んでくれました

常に、私らしいという方向に私が伸びていき、そして安心していけるようにと応援してくれている感じでした。

一般的にどうか、他と比べてどうかではなく、私にとってどうか、私の感覚的にどうか、私、私、私、と尊重してもらった感じ。

私には、私にしかわからない、私の世界があることを当たり前のように、そして身体全体で認めてくれた感じでした。

これがとても嬉しかったのです。はっきりと救われた感じがしました。

無条件の肯定的関心を支える哲学ー言葉を大事にするということは?

カウンセリングの先生が私を尊重してくれた、その具体的な尊重の仕方ですが、それは、徹底的に、私の言葉を大事にしてもらったということです。

人間にはそれぞれ、どこからか、その人にしかやってこない、その人に向けた言葉がやってきている。それが、とてもとても尊いのだ。

と、先生は教えてくれました。

誰一人として同じ言葉は届いていない。

それぞれ、それぞれの人間に違った言葉が届いてきている。

その、それぞれの言葉のすがたを聞かせていただきましょう。

先生はそう力強く語っていました。

無条件の肯定的関心を支える哲学ー私の世界、あなたの世界

無条件の肯定的関心を支える哲学の1つが、人間はそれぞれ全く別の世界を生きているという哲学です。

カウンセリングの学習を始めるまで、私は、身近な誰かも、見知らぬ誰かも、自分と全く同じ世界を生きていると思い込んで生活をしていました。

人はそれぞれに別の世界を生きていると、気づかせてくれたのが、カウンセリングの先生の教えと態度であり、言葉のすがたという概念なのです。

相手には相手の言葉があり、相手にしか届いてきていない言葉のすがたがある。

言葉のすがたって?

言葉には意味とすがたがある。

リンゴという言葉なら・・・、

リンゴという言葉の意味は、バラ科の落葉高木、その果実である。

リンゴという言葉のすがたは、「リ」「ン」「ゴ」「リンゴ」である。

私に感じられる相手はすべて私の世界の相手です。

どこまでいってもそれは、私の世界の出来事。私はそれに気づくことができなかった。

相手の言葉のすがたを聞かせていただき、私の世界とは別のところからやってきている言葉として、そのままに尊重することなしには、私の世界と、相手の世界が分かれることはなかったのです。

私にやってきている言葉のすがたと、相手にやってきている言葉のすがたの違いこそが、自分の世界と相手の世界の違いを実感させてくれる唯一の手立てだったのです。

あなたにはそんな言葉のすがたがやってきているのね。

それがあなたの世界なのね。

ここでしか、ここでしか、私は相手の世界を実感し、相手の世界を分けることはできない。

だから相手にやってきている言葉のすがたは、私が相手に聞かせていただいた言葉のすがたは、相手の世界そのものであり、相手のいのちそのものなのです。

相手に聞かせていただいた言葉のすがたをそのままたどるということは、相手のいのちのすがたをそのまま確かめるということ。

相手のいのちのすがたをそのまま確かめることこそ、まさに、無条件の受容であり、相手の言葉のすがた、相手のいのちのすがたをそのままにたどらせてほしいと思える心こそ、無条件の肯定的関心なのだと私は思います。

そのあたりの哲学に至ってはじめて、相手の言葉を繰り返すということが、オウム返しなどではなく、無条件の積極的関心、無条件の受容の実践となるのです。

無条件の肯定的関心を支える哲学ーおわりに

いかがだったでしょうか。

カウンセリングの神様、カール・ロジャーズは、機能するカウンセリングには、技術以上に哲学が大事であると言いました。

私も以前、福祉の職場で、利用者の言葉を繰り返すことを技術として他のスタッフに提案してみたところ、本当にただ機械的に言葉を繰り返すだけの、なんとも不自然なやりとりが大量に生まれてしまいました。

やっていることが同じでも、そこに哲学がなければ、与える印象は全く異なるのだと実感しました。

同じ言葉を繰り返すことと、いのちのすがたを受け止めるということが、同じ所作で行われている・・・。

これは大変なことですが事実なのです。

この大きな違いを説明するのは本当に難しい。

実のところ、実際に誰かに自分のいのちのすがたを抱きしめてもらった経験がなければ、理解することは不可能なのではないかと思います。

私には、私自身の世界を認め、独自的な感覚に安心し、育っていくためには、私の世界を私の世界として認めてもらえるような、そんな純真なコミュニケーションがどうしても必要でした。

もし、カウンセリングの学習にであうことができず、純真なコミュニケーションにであうこともできていなければ、自分の純粋エネルギーの強さと、それによる自己不一致の激しいプレッシャーから、バランスを保つことができず、重い心の病気になっていたかもしれません。

そんな私が、今思うことは、純真なコミュニケーションを求める人に、それが、どうしても必要な人に、一人でも多く出会っていきたいなということです。

いのちのすがたにであっていく、そんな初めてのコミュニケーションを、あなたも体験してみませんか。

カウンセラー 黒田明彦

 

【黒田明彦の著作一覧はこちら】日本で最初の逆エンパス本あります。
https://www.amazon.co.jp/s?i=digital-

AmazonKindleアプリにて
『読み放題』で読めます!

 

電子書籍の読み方はこちらの記事に詳しく紹介されています。
https://www.tabishirube.com/howtoread.html

 

 

カウンセリング学習記事の案内所 お陰様で、黒田明彦のカウンセリング学習記事も増えてきましたので、どんな記事があるかを一度に見れるようにまとめた記事を作成いたしま...
カウンセリングを受けた方が良い人の17の特徴 今回の記事は、カウンセリングを受けた方が良い人はどんな特徴を持った人なのかということを書いていこうと思います。 カウンセリ...
【カウンセリングの手引き】来談者中心療法の概要 このページでは黒田明彦の学習してきたカウンセリング、来談者中心療法についての体験的理解を細かに説明しています。 htt...
問い合わせ・質問フォーム不明な点、不安な点、質問がある場合は、こちらから遠慮なくお問い合わせください。 問い合わせ、質問お待ちしています。 カウンセ...

Line@では、ブログ更新のお知らせをしたり、新しい学習のお知らせをします!無料カウンセリングのお知らせも定期的に行います!興味のある方はクリック!

友だち追加