逆エンパス

逆エンパスの毒【逆エンパス×カウンセラー】

ここのところ、様々な刺激から、自分の精神の高揚を感じています。

今回の記事は、思考よりも感覚を前面に押し出した内容になっています。

多くの人にとっては、チンプンカンプンかもしれませんが、是非、考えずに、言葉のすがたのままに自由に感じてみてください。

母親との関係克服~母と他人になるカウンセリング~母親との関係克服~母と他人になるカウンセリング~ 母との関係が苦しい。 母が嫌い。 母のせいで私の人生は滅茶苦茶に...

【逆エンパスの毒】逆エンパス×カウンセラー

カウンセリングの学習は、私の逆エンパス的特徴を大分抑えてくれ、社会に適応しやすくしてくれたと、本当に思う。

何もやってあげられなくていいんだ

何もやってあげられなくていいんだ。

自分は自分でいいんだ。

他の誰かにならなくていいんだ。

誰かのために生きなくていいんだ。

他人の責任をとろうとしなくていいんだ。

 

目の前に起きるいろんなことを自分の力でなんとかできないことに罪悪感を感じていた。

あれもこれも自分のせいかのように感じていた。

だけど、そうじゃなかった。

自分の与えている影響の責任をすべてとろうとしなくていい。

何もやってあげられなくてもいいんだ。

自分を優先していいんだ。

自分の人生を生きていいんだ。

ひとりでもいいんだ

ひとりでもいいんだ。

誰かと融合したい…。

どうも私には、そんな不思議で強烈な欲求がある。

世間には、ひとりでいる人は、寂しい人、かわいそうな人、不完全な人という価値観が蔓延っているような気がする。

だから、私は強迫的に誰かと一緒に居なくてはならないのだと思っていた。

しかし、私の強烈な融合欲求が、ただ誰かと穏やかに一緒にいることをいつも難しくさせていた。

融合したいという欲求に翻弄され、その衝動に身を焦がされ、相手が自分じゃないことそのものに苛立ち、我慢できなくなる。

相手との関係をコントロールするために別れを選ぶこともあった。

別れほど完璧に相手との関係をコントロールできる手段はない。

 

でも、ひとりでもいいんだとわかってから、大分楽になった。

ひとりでも不完全ではなくなったというか、不完全なままでも大丈夫になったというか。

世間の目がまったく気にならなくなった。

ひとりは気楽で、とても自由なんだ。

カウンセリングの学びは大きい。

逆エンパスは相手のことを自分のことのように感じることが得意だ

逆エンパスは相手のことを自分のことのように感じることが得意だ。

それは、自分のエネルギーで相手を包み込んでいるような感覚で、相手の心と身体の動きを事細かに感じ取っているような感覚。

私だったらこう感じる…、というイマジネーションがどんどんわいてくる。

それだけじゃない。

つらいという人がいれば、そのつらさをどうにかできないかと考えるし、

悲しいという人がいれば、その悲しみをどうにかしなくちゃと思う。

 

それは、他人への優しさ親切心からの穏やかな動きではない。

それは、自分の一部をコントロールしなくてはならないような必死で迫られるような感覚なのだ。

 

この感覚が、強烈なエンパシーを生んでいる。

逆エンパスのエンパシーは、こちらから相手を浸食、融合していくような方向性を持った同化感覚に近いのだ。

 

別々の肉体をもった人間同士では融合は不可能である。

したがって、強い融合欲求は苦しみを生むだけである。

この融合欲求をなんとかしないと、人間関係の構築、維持がとても難しくなってしまう。

 

この融合欲求をある程度コントロールするには、強烈な哲学と訓練が必要である。

私にとってはそれが、仏教思想が底流に強烈に流れている先生の、カウンセリグ学習だった。

【逆エンパスの毒】逆エンパスカウンセラーの2つの武器

この融合欲求に向かうエネルギーを相手への浸食にではなく、ただ、相手側の世界を感じようとし、理解しようとするようにうまくコントロールできれば、それは、鋭い感情移入的理解になる。

 

ポイントは、私の言葉を離れ、ただ相手の言葉に同化するということである。

 

同化する対象が相手の言葉に絞られているなら、エネルギーレベルの浸食はほとんど起こらない。

それは、相手の言葉にしっかりと同化できているとき、融合欲求がわりと暴れないですむからかもしれない。

あらためて私は、逆エンパス傾向の強い人の生活にはカウンセリングの技術と哲学は必須であると思っている。

逆エンパスの毒

逆エンパスは、自分のエネルギーで相手を常に包み込んでいる。

相手の心と身体の細部の動きに敏感である。

熟練してくれば、人の声を聞いただけでその人のエネルギーの流れが大体わかる。

 

逆エンパスのエネルギーは常に相手と同化したがっている。

だから常に、自分と相手の差異に敏感で、気が付きやすい。

 

逆エンパス自身が、常に自分の身体や心を楽にしたい、柔らかくしたいと思っていれば、相手の身体や心の楽じゃなさそうなところ、柔らかくないところに異常に敏感になる。

逆エンパス自身が、常にハッピーでありたい、アゲアゲでありたいと思っていれば、相手が静かなところ、元気じゃないところに異常に敏感になる。

 

敏感なだけならまだいい。

 

前者は、どうしても相手を楽にしたがるし、柔らかくしたがる。

後者は、どうしても相手をハッピーにしたがるし、アゲアゲにしたがる。

 

これは、逆エンパスの意識的な言動だけじゃなく、逆エンパスのコントロールできない、目に見えないエネルギーも相手に作用してのことである。

 

だから、楽になりたくない、柔らかくなりたくない人、ハッピーになりたくない、アゲアゲになりたくない人にとっては、上記、それぞれの逆エンパスの存在自体が毒になってしまうことだってある

 

だから、私は引っ込んだ。

私の影響を受けても大丈夫な人に依存し、浸食しながら、隠れながら日々を過ごした。

毒か薬か

しかし、最近思う。

逆エンパスの同化、融合欲求その方向性は、他人との差異に異常に敏感であり、そこから、感覚レベルの鋭すぎる指摘を生む。

それぞれの逆エンパスには、自分の理想的在り方と相手との差異を異常に敏感に感じられ、そこから感覚レベルの鋭すぎる指摘がいくつもいくつも生まれてくる。

指摘は多くの場合、否定的な形になりがちである。

否定は否定を生む。

その結果、人間関係は破綻へと向かいがちである。

 

しかし…、

 

感覚レベルの鋭すぎる指摘は、毒として相手の身体に入った後、薬として作用することがある

相手は、表面上は毒に苦しみながら、時には逆エンパスを恨みながらも、その後、今までにない程、丈夫に、健全に治っていくことがある。

この逆エンパスの毒こそ、逆エンパスの強みと考えられないかと私は思ったのである。

同化、融合欲求からくる強烈なエンパシー…。

そのエネルギーを相手の言葉への同化に集中させることで、浸食ではなく、強烈な感情移入ができる。

そして、毒とも言えるような感覚レベルの鋭すぎる指摘が、相手の身体に入ったあと、薬に変わり、相手を治す。

これが、逆エンパスカウンセラーの2つの素晴らしい武器なんじゃないかと私は思う。

【逆エンパスの毒】おわりに

毒とも言える感覚レベルの鋭すぎる指摘は、逆エンパスの素晴らしい武器の1つである。

これが、今回私がたどり着いた新しい理解なのですが、これは…、

逆エンパスが言いたいことを言うと、相手のためになる。

だから、好き勝手言ったらいいよ!

って話ではありません。

 

毒は、毒なのです。

毒は、薬にならずに、そのままその人を殺してしまうことだったありうる。

私は本気でそう思っています。

毒とも言える感覚レベルの鋭い指摘をするときは、相手から命懸けの反撃を受けることもあります。

だから、こちらも命懸けなんだ、ということは言っておきたい。

でも、本当に人間が治っていくためには、そういう命懸けレベル、鋭すぎる感覚レベルのやりとりがどうしても必要であり、

そこ、こそが私が常駐している、説明しにくい世界なのです。

 

私は、そんな世界がどうしても必要な人に、これからも、ひとりでも多くお会いしていきたいのです。

多感な凡人 黒田明彦

 

 

逆エンパス黒田と電話でおしゃべりしてみませんか!

逆エンパスルーム

 

 

 

日本で一番逆エンパスについての体験記事を書いている私が、逆エンパスについての短い本を書きました。

逆エンパス体質に悩む人が元気に生きていくにはどういう苦しみを乗り越え、どういう努力をしたらいいのか…。

現在の私のところを書きました。

是非手に取ってみてください。

 

【黒田明彦の著作一覧はこちら】
https://www.amazon.co.jp/s?i=digital-

AmazonKindleアプリにて
『読み放題』で読めます!

 

電子書籍の読み方はこちらの記事に詳しく紹介されています。
https://www.tabishirube.com/howtoread.html

 

 

【学習者になろう!】 聞かせていただく人になる道学習者とは? 新しい自分に出会っていきたい。 自分の人生の責任を他人に明け渡したくない。 純粋な他者と出会い、触発...
逆エンパス記事の案内所 多感な凡人、黒田明彦の逆エンパス関係の記事の数が増えてきましたので、このページで整理して紹介します。この記事を見れば、逆エンパス...
カウンセリング学習記事の案内所 お陰様で、黒田明彦のカウンセリング学習記事も増えてきましたので、どんな記事があるかを一度に見れるようにまとめた記事を作成いたしま...

Line@では、ブログ更新のお知らせをしたり、新しい学習のお知らせをします!無料カウンセリングのお知らせも定期的に行います!興味のある方はクリック!

友だち追加