聞ける人になっていくための学習【哲学と体験】

私のカウンセリング学習のベースは、あくまでカール・ロジャーズのカウンセリングです。

ロジャーズのカウンセリング・傾聴を深めていくには、哲学と体験(実践)の両方を深める必要があるとされています。

というわけで、ある特定の言葉の世界観を深めていく学習と、ただ、ただ実践による体験学習の2つに分けて、学習を計画します。

また、私のカウンセリングの基本技法は、巷で「オウム返し」と言われているものです。

これに嫌悪感がある人は、合わないかもしれませんので、ご了承ください。

―①キーワード学習―

ノンディレクティブ

言葉のすがた(言葉のすがたで世界は分かれる)

一致性

感情移入的理解

無条件の肯定的関心

パーソナリティの変化について

これらのキーワードについて私が文章を400字で作成しますので、それに応じる形で、あなたにも文章を400字で作成していただきます。

そして、その文章をもとに、1時間Line通話、もしくはzoomを使って学習するというスタイルです。

学習は、お互い傾聴の姿勢で臨みます。

―②体験学習―

ノンディレクティブ体験・傾聴体験

傾聴技法(オウム返し)の実践

ロールプレイ・逐語録の作成(準備ができれば)

エンカウンターグループの参加(準備ができれば)

※体験学習の後、400字程度でレポートしていただきます。

体験学習もLine通話か、zoomで行います。

レポートなどは、Lineを使ってやろうと思っています。

ワードを使って学習したい場合は、お知らせください。

キーワード学習はそれぞれ1回で十分かと思いますが、体験学習は、何度も何度も積み重ねていくものです。

聞ける人になるための先生は、私ではなく、傾聴体験と、オウム返しの実践そのものであり、私にやってくる言葉、そして、あなたにやってくる言葉そのものです。

これは、体験から学べる人、そして、言葉のすがたから学べる人になっていくための学習でもあります。

最初のガイダンスで、大体何回程度の学習を望むかをお伺いし、それによって全体の学習の予定を立てます。

少なくとも10回程度は学習されるのが好ましいと思います。

料金は、各学習1回1時間3000円です。

申し込みいただくと、ガイダンスということで、メールかLineを使って、学習の計画を話し合います。

このガイダンス、学習計画作成は無料で行います。

料金が発生するのは、第一回の学習が終わったあとですので、安心して申し込み、ご相談ください。

お申し込みはこちらから

hitorikuroda@gmail.comからのメールを受信できるようにしておいてください!

また、メールアドレスの入力間違いにはくれぐれもご注意ください!